あつまの魅力をモノ・コトにする

モノづくり、コトづくりの
挑戦者たち

北海道厚真町ふるさと納税返礼品紹介 お米を食べて育つ豚「米愛豚」~FTファーム

2020.03.23

「6棟ある豚舎も壊れ、全て建て替えが必要となりました。未だにふさがっている道路もあります。元の生産に戻すまでには5年程はかかる見込みですね。いまは建て替え工事が始まったところだから、ようやく少し先が見えてきたかな。」と話してくれたのは、エフティファームの武田さん。

 

厚真産の特Aランク米を飼料にして育てた「米愛豚(まいらぶた)」は、まさしく厚真育ちのブランド豚。

その米愛豚を生産しているエフティファームは、2018年9月6日に発災した北海道胆振東部地震で大きな被害のあった厚真町幌里地区に農場を構えています。地震当日の震度7の揺れに加え、敷地内の地割れや山の崩落による土砂災害も深刻なものでした。

また、地震の揺れで豚舎の豚がパニックとなったことも重なり、大切に育てていた豚も500頭以上が死亡してしまったのです。

 

「施設はほとんど全て破損して、電気も水もない。いたるところで地面は割れる、土砂で車も通れない。そんな中でどうやって生き残った豚を救っていけばいいのか…とにかく必死でした。」

もちろん当時は製品の製造もストップせざるを得ません。しかしそんな中でもなんとか応急処置をした豚舎で豚の飼育をつづけ、2019年から徐々に製造も再開がはじまりました。どのような状況でも品質を落とすわけにはいかないと、より丹精込めて作ってきたといいます。

米愛豚の特徴でもある、きめ細かくやわらかな肉質と旨味が詰まった上質な仕上がりのハム・ソーセージ。厚真町ふるさと納税では、返礼品として「米愛豚ロースハム」「米愛豚ポークソーセージ×2P」「米愛豚ベーコン」等が季節ごとに返礼品として登場します。

一般流通の少ない「米愛豚」の貴重な味をお楽しみいただける機会です。

 

あつまの魅力をモノ・コトにする

モノつくり、コトつくりの
挑戦者たち

『あつまんま』とは
北海道、厚真町の魅力をそのまんま伝え、
次世代にこの幸せがつづくためのプロジェクトをみんなで立ち上げ
みんなで応援するコミュニティーサイトです。

詳しくはこちら