あつまの魅力をモノ・コトにする

モノづくり、コトづくりの
挑戦者たち

北海道厚真町ふるさと納税返礼品紹介 北海道胆振東部地震を乗り越えた「あつまのお米」

2020.03.23

昨年秋、北海道厚真町でも新米収穫の季節を迎えた多くの田んぼで稲刈りが行われました。

 

2018年9月6日-北海道胆振東部地震の震源地となった北海道厚真町。

”米どころ”として自慢の町で、そのお米作りに欠かせない水路や田畑への被害は甚大なものでした。

厚真町では、北海道初の震度7を観測。多くの田畑では地割れが起こり、同時に発生した大規模な土砂崩れに収穫目前の田んぼも巻き込まれました。

更には、米づくりのために欠かすことのできない水の確保にも大きな影響を与えました。新設したばかりの貯水ダムには土砂が流入して使うことができなくなり、田んぼまで水を運ぶ水路も地震によって破損した上に、多くの場所で土砂によって埋まってしまったのです。

水を田んぼに引き込むことができなければ、お米を育てることができません。復旧をするためには大規模な工事が必要となるため、一時は町全体の田んぼで今年の作付けが危ぶまれました。

それでも応急復旧工事のおかげで、なんとか田植えにこぎつけた昨春。そして昨秋に収穫できたお米は、まだまだ道半ばの復旧工事や、土砂に埋もれたまま手を付けることができない田んぼもある中で、大切に大切に育てられましたお米たちです。

震災を乗り越え、復興の想いがこもったあつまのお米が厚真町ふるさと納税人気の返礼品として無事に復活しました。

 

北海道厚真町ふるさと納税では、皆様から頂いたご寄付を北海道胆振東部地震からの復旧復興にも活用をさせていただいております。また、2019年度は「被災地支援のリレー」となるように宮城県丸森町、東京都世田谷区の代理寄付も併せて受け付けさせていただきました。皆様からのお心寄せをいただき、誠にありがとうございました。
今後とも、ぜひご支援賜ります様お願い申し上げます。

 

1年間/6ヵ月間/3ヵ月間と期間が豊富な定期便コースも大人気です!
他にも厚真町自慢の産品が盛り沢山のふるさと納税返礼品ラインナップ、ぜひご覧ください。

あつまの魅力をモノ・コトにする

モノつくり、コトつくりの
挑戦者たち

『あつまんま』とは
北海道、厚真町の魅力をそのまんま伝え、
次世代にこの幸せがつづくためのプロジェクトをみんなで立ち上げ
みんなで応援するコミュニティーサイトです。

詳しくはこちら